1. HOME
  2. ブログ
  3. 私がホールワンマンコンサートやる意味。

私がホールワンマンコンサートやる意味。

改めて書きますね!!!ってお伝えしたので、改めて新鮮なうちに言葉にしたいと思いました。

一つ前の、ブログをご覧いただいた方にとっては続きのようなブログです😊😊

以下、私の気持ちを書く前にやはり横田悠二語りから始まりますが、是非お付き合いください。

2/9 横田悠二という、栃木県宇都宮在住、私と同い年のシンガーソングライターが、地元宇都宮のホールでワンマンライブを大成功させました。

500人ソールドアウト。

ものすごいことです。

宇都宮の人はもちろん、栃木県中から、関東から、東北、北は北海道、西は大阪まで。

本当にたくさんの方が楽しみにチケット握りしめて栃木県宇都宮市に集まりました。

そんなこと、本当に起こるんや、、、って自分も向かっているのにまだなにか夢を見ているような、不思議な感じで会場へ。

フワフワしていました。笑

会場着いて、全員が横田悠二を知っていて応援している人、と思ったらめちゃくちゃめちゃくちゃ嬉しかった。

そして、開演。

そこにはいつも通りの、でも、しっかり今日に向けて作り上げてきた横田悠二がいました。

いつも通りの最高のライブなんやけど、いつも以上の最高のライブというか。

スペシャルやけどちゃんといつもの延長線上というか。

肩肘張らずに空間を支配していたというか。

チカラを見ました。

バンドでも弾き語りでも、きっちりしたMCでも緩いMCでも、安心して見てられたしもっと見たかった。

まさに、みんなが待っていたスター。

2時間半で終わるの寂しかったし終わる時にはステージに向かって『ありがとー!!!!』って叫んでいる私がいた。

それだけ、夢のようで夢ではなく、夢以上に素晴らしい時間でした。

2時間半ちょっと。

この中で思ったこと。考えたこと。いっぱいありました。

いっぱいあったけど、思ったことは大きく分けて2つ。

★ソールドアウトしないと意味がない

みんなが応援していた気持ちが報われたのは、ソールドアウトした瞬間に1回目、会場入った瞬間に2回目、ステージで歌う横田悠二を見て3回。

心の底から感動できたのは、全員が成功を祈っていて、全員がソールドアウトしたステージで歌う横田悠二を待っていたということ。

応援ってそういうことなんかな。って、はじめて考えました。

もちろんソールドアウトしなかったとしても、やることに意味はあるし夢みさせてくれて応援させてくれてありがとう!って絶対思った。

でもあそこまでの震える感動はソールドアウトしたからでした。これは絶対そうやと思う。そして横田悠二も、それを見越してみんなの気持ちを汲んだからこそ『絶対ソールドアウトする!』って言ってたんやと思う。

私が平野のホールワンマンコンサートを決めた決意と覚悟とはわけが違うかったんや。。。

って、彼のおかげでこのタイミングで気付くことができました。

絶対埋めなければならない。応援してくれる人のために、頑張りきらなければならない。と思いました。

もう一つは、、、、

★私にもできる!!!!!!!!!

これはもう、横田悠二のおかげです。

彼からバトンを受け継ぎました。

ステージの上で自分が喜ぶ感情以上に、何回も何回も仲間のアーティストたちに訴えかけてくれた。一緒にやろうぜ!ぶっちぎろうぜ!やりたいようにやっていこうぜ!俺たちはできる!!!!!!!

奇跡を起こしていくんだ!!!!!!!!

って。言ってくれた。

ホールワンマンコンサート、決めたのは私。

埋まらなくても、いいや!赤字にならなかったらいいや!30歳の記念になるライブがしたい!

こんなやわやわな動機や気持ちで決めたんです。

10/6の平野区民センターワンマンコンサート。

でもね。

正直もう後戻りはできないし、頑張るしか道はないことはわかっていたけど。

覚悟が決まらなかった。恐かった。今もですが。

無理な気がして仕方がないんですが。

それでも、決めたと報告したときに

『いいじゃん!!!!絶対できるよ!!!!!!』

って。先に地元でやり遂げた男に言ってもらったんやから。できる気がした。

いや、やらねば!!!って思った。

あいつだけに頑張らせてどうすんねん!!!!そんな気持ち。

(実際横田悠二の周りみんなが頑張っているから”あいつだけ”ではなかったんやけど)

同い年、シンガーソングライター。

何年も前からとてつもなく深い縁を感じている人。

この500人ホールワンマンに向けて一緒に走らせてもらえた気持ちになった恩返しは、私がやりきることに他ならないな。

と、人知れず腹をくくりました。

まずは1階席の1000人。

チケット、ポスター、チラシは3月に入ってからできあがります。

1000枚チケット販売してやろうやないの!!!!!!!!!!!!

1000枚数数えれるところ見せてやろうやないの!!!!!!!!(⇦意味かわってる)

ということで。

本気で目指すことにしました。

まずは1階席1000人ソールドアウト。

そう考えたら、私は別に1000人の前に立ったことがある。いつも夢でうなされるのは、あの3000人の景色やった。私のために集まった人たちではなかったけど、私は今までたくさんの人の前に立つ経験をさせてもらってきた。

想像できない人数ではない。1000人。

やれる。私ならやれる。

絶対バトンを繋ぎ返す。

数字にしたらすごい数字やし、1人1人に来ていただくってことはとてつもないこと。

途方も無い人数ですが、頑張ってみたいと思います。久しぶりに死にそうなくらい、必死になってみたいと思います。

皆さんのお力がないと成し得ないことです。また、ダサい通り越してカッコいいになれるように、力貸してください。

これからの吉川MANAをどうか見守って応援して押し上げてください。

よろしくお願い致します。

という意気込みでした。

長い長文読んでいただいてありがとうございました!!!!!

吉川MANA

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. かいちゃん

    あの感動を平野で見せてくれ〜!

    そして、次へバトンを繋げ〜!

    吉川MANAの人間パワーを見せつけろ〜!

    やりきろ〜!!!!!

関連記事